コインパーキングと月極駐車場は経営に適した条件に違いがある

月極駐車場とコインパーキングの違い

街中でよく見るのが月極駐車場とコインパーキングです。どちらも車を停めておけるスペースとして、多くの人に活用されています。しかし、よく考えると両者は全く仕組みが異なります。月極駐車場は契約が必要です。車を停めるのに契約が生じるので、いわば契約者専属の場所になります。支払いも毎月決まった金額を払うことになりますので、賃貸物件と同様の立ち位置です。一方でコインパーキングは時間貸しですので、不特定多数の人が利用することが前提です。使用している時間帯はルールに従う必要がありますが、契約書を取り交わすことはありません。これが基本的な違いです。利用者の層も変わってきますから、それを頭に入れて、どちらが向いていて収益が効率的に得られるのかを考えることが大切です。

月極駐車場のメリットは安定収益

利用には契約が必要ですので、ある程度長く使う方が利用する傾向が高いです。そのため、一度契約すれば一定期間は収益が確実に得られるので安定的です。また、長期間利用する目的なので、繁華街だけではなく住宅街のような立地であっても、利用希望者がでてくるので幅ひろい立地条件に適合します。利用希望者は個人だけではなく、企業で契約する法人利用も見込めます。その点でも収益が月によって大きく変わるといったことも少なくて、予想を立てやすいのもメリットでしょう。安定性重視ならおすすめですが、肝心の借りる人の需要がないと意味がありません。空きが続くと収益がない状態ですし、探すために手間や費用が掛かることも頭に入れておく必要があります。

コインパーキングは場合によっては効率よく収益を生む

誰でも利用できるので、気軽さに利用してもらえるのが違いであり強みです。例えば繁華街や大きな施設の近くの土地であれば、利用者も多いですから、24時間稼働すればタイムラグがなく多くの利用者が使います。この場合はむしろ収益が高く上がるので、場所によっては、より多くの収益が出やすい可能性もあります。このように立地条件や値段設定によっては、大きなメリットを出す可能性があります。工夫次第、自分のアイデア次第で変えられる可能性があります。駐車場の立地が条件が適している場合なら、効率的に利用者を得られる可能性が高いでしょう。ただしいろいろな人が利用するので、メンテナンスなどはこまめにする方が、より長く利用しやすい環境に保つことができます。

記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。