車傷修理に板金修理業者利用したいときに確認するべきポイント


車のボディに付いてしまった傷や凹みは、出来るだけ早く修理して元通りにしておきたいものです。もう買い替えや乗り換えの予定がある、あるいは長く乗っていて見た目をそれほど気にしないというのであれば、無理に直す必要もありませんが、まだまだ乗り続けるというのであれば、こうした傷を直しておかないと他の部分の塗装にも錆が広がってしまいますし、腐食して穴が開いてしまったら車の耐久性にも影響してきます。こうした傷や凹みを直すのであれば、ディーラーや板金修理専門店などでプロにお任せするのが最も確実な方法です。しかし、利用する店によってはサービスの内容にも違いがありますし、なんといっても価格に大きな差がある場合もあります。やはり利用するのであれば、少しでも安く修理してくれる所を選びたいものです。

ディーラーの修理と専門店との違いとは

普段から懇意にしているディーラーがある場合には、こうした板金修理をするときにもディーラーにお願いするという事が多くなりますが、ディーラーでの修理は、下請けの業者に外注するかたちになるため、その分の中間マージンが発生し、修理費が高くなりがちになります。その分きめ細やかなサービスを受けられますし、修理後に問題が発生した場合にもすぐに対処してもらう事ができるという利点があります。一方板金修理専門店は、ディーラーの修理に比べると価格が比較的安いという特長があります。また、技術が高い業者も多いので、クオリティの高い修理を求める場合にもおすすめです。しかし、技術の高い、あるいは信頼のおける業者を自分で探さなくてはいけませんし、いざ利用したもののサービスの質が悪かったという事もあるので注意が必要です。

業者を選ぶ時にチェックしたいポイント

板金修理の専門店を利用するときには、まず事前に料金をきちんと提示してくれるかということが業者選びの重要なポイントになります。口約束の見積りで、修理後に追加料金が発生するということもあるので、事前にしっかりと見積りをとることが大切です。また、修理の技術やサービスの質を見極めるのに、スタッフの接客の態度や工場がきちんと整理されているか、あるいは他のお客がどのくらい利用しているかということも参考になります。評判の良い業者であれば、作業待ちの車が沢山置いてありますし、工場内に清潔感があれば、質の高い作業が期待できます。利用する業者を決めあぐねているというのであれば、出来るだけ複数の業者に見積りをとることが大切です。その際の電話応対の態度でも、良心的なサービスをしてくれるかどうかを判断する材料になります。