板金修理は自動車修理の一種になります。板金修理の範疇としては自動車のボディなどの外回りからフレームの歪み補正まで駆動する部分を除く広範囲に及びますが、一般的にはボディなどの外回りの修理を指すものです。この場合には、ぶつけてしまってへこませてしまった鉄板を専用の機械を使って引っ張りだしたり、叩くなどして形を戻すといったことなどがあります。この鉄板を叩くさいの作業が一般的には板金と呼ばれるものになります。またルーフとリアフェンダーは簡単には取り外しができないため、それらが板金作業で修復できない場合には切断して取り外し、新しいものを取り付けるといったことも板金修理の仕事になります。いずれにしても、板金修理はほとんどが手作業で時間が掛かるため料金が高くなる傾向にありますが、修理するさいのポイントを抑えることで費用を抑えることができます。

板金修理による費用の相場について

板金修理による費用の相場は、地域性やお店によって変わってきます。特に大きなへこみの場合には、板金修理で元の形に戻すよりも、中古部品や新品部品に交換する方が安くまた仕上がりの差も発生しません。このため一般的に板金修理で板金作業を行うのは、50センチ四方程度のへこみや横長の傷などが対象になります。これ以上のへこみとなると時間が掛かるだけでなく板金による鉄板への負担が大きく、修理が困難になります。多くは板金そのものが1日で終わる程度であれば費用は3万円程度が相場ですが、板金をしたあとは塗装が剥げているため再塗装を行う必要があります。このため塗装費用にも3万円程度掛かるため最低でも6万円は必要になります。日数が多く掛かる修理となればなるほど費用は上がっていくことになります。

交換するという選択肢で費用を抑える

板金修理を依頼するさいの選択肢としては、板金作業でボディを戻すのと部品を交換する2つの選択肢があります。傷程度であれば板金作業で修理をした方が安くなりますが、大きなへこみの場合には交換する方が安上がりといえます。ただし新品の交換の場合でも費用は10万円を超えてきます。このためさらに費用を抑えたい場合には中古部品という選択肢になります。ただ中古部品でも塗装を必要とする場合には費用が上がってきます。また比較的、販売台数の多い車種であれば中古部品も多く流通していますが、販売台数が少ない車の場合には、中古品の価格も高く、新品への交換か、板金作業で形を整えるといった作業が中心になります。このため販売台数が少なかったり年式が極端に新しいまたは古いといった車種では板金修理の費用も上がってきます。

バンパーの小さな傷が気になる方、初めての方に限りおおよそ20センチの傷なら1箇所999円で修理致します。 池内自動車は低価格を実現するために努力を怠りません。板金業界の常識を超えた塗装サービスを実施中。 たくさんのお客様にご利用いただくために朝9時から夜22時まで営業。 日々、徹底的に努力して、板金業界の常識を覆すべく激安に挑戦中! 板金修理は池内自動車にお任せ!